2010年10月14日

お湯とお風呂のアロマテラピー

お風呂でアロマテラピーは定番です。
普段の生活の中でも貴重なリラックスタイムなのがお風呂。
そのお風呂でのアロマテラピーの行ない方を紹介します。

まずは全身浴。
とても簡単です。
浴槽にお湯をためたらその中に5滴ほどのエッセンシャルオイルを垂らすだけです。
あまり多いと香りがきつくなり過ぎて、気持ち悪くなるので注意です。
オイルを垂らしたら、よくかき混ぜてゆっくりと湯船につかってください。。
お湯からは精油の香りが立ち昇ってくるので、深呼吸をしてその香りを体に取り入れると良いでしょう。
さらに、鼻だけでなく皮膚からも精油の有効成分が染み込んできます。
鼻と皮膚の両方から有効成分が体に取り込まれることが魅力です。

そして、半身浴。
半身浴は、浴槽におなかが隠れる位までお湯をはって、そこに3滴ほどの精油を垂らします。
そして、よくかき混ぜたら、上半身にタオルなどをかけて湯船につかってください。
タオルなどをかけないと上半身が冷えてしまうので最初だけでも何かかける方が良いですよ。
次第に体が温まると、汗が大量に出てきます。
この半身浴はカラダへの負担を減らして全体を温めてくれる方法です。

最後はフットバス。
フイットバスは、洗面器に半分ほどのお湯をはり、そこに3滴ほどの精油を垂らします。
お湯の温度はあまり熱すぎず。
お湯が冷めてくれば足しながら温まります。
フットバスは座ったまま服を脱がずにできるので、高齢の方や体力の低下している方に向いています。
posted by アニス at 19:33| アロマでリラックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。